おはんが池跡(弁財天)

おはんが池跡(弁財天)

弁財天おはんが池跡は住宅街に溶け込むようにありました。ベンチが置いてあることもあって、現在は近隣住人の憩いの場になっているのではないでしょうか。「おはん」という名は、この池に落ちて亡くなった女性の呼び名だそうで、弁財天の石祠(せきし)のある周辺は、かつて大量に水が湧いていた跡だそうです。この石祠は、元禄14年(1701年)に造られたもので、石祠の左側に刻まれていました。

※石祠(せきし)・・・・・ほこらともよばれ、神様を祭った小さなお社のこと。

船橋市弁財天おはんが池跡

急カーブの道のそばにありました。通り過ぎないようによく注意してください。


船橋市弁財天おはんが池跡

鳥居があります。


船橋市弁財天おはんが池跡

元禄14年と刻まれている、弁財天の石祠(せきし)。


船橋市弁財天おはんが池跡

住宅の中に、ひっそりと池があります。


船橋市弁財天おはんが池跡

石祠は、行き交う車をみているよう。


おはんが池跡(弁財天) 詳細情報

おはんが池跡(弁財天)
千葉県船橋市田喜野井6丁目18番地 あたり

拡大地図を表示